まずは、出産おめでとうございます!

初めての授乳に戸惑っていることと思います。

赤ちゃんは生まれてきたら「おっぱいを飲むもの」だと信じていました。

ミルク育児になるのは、母乳が出る出ないの問題で「まさか赤ちゃんが乳首に吸いつけない」なんてまったく想像していませんでした。

しかし、

・乳頭に傷ができてしまって痛くて授乳するのがつらい
・陥没・扁平乳頭などで赤ちゃんが乳首にうまく吸いつけない

などの理由で、乳頭保護器の使用を勧められるママさんもたくさんいます。

ゆんゆ
でも乳頭保護器なんて初めて聞いたし、どうやって使ったらいいの?

この記事では、そんな乳頭保護器を初めて使うママさんのために「メデラ乳頭保護器ニップルシールドの使い方」を紹介しています。

スポンサーリンク

メデラ乳頭保護器ニップルシールドの使い方と装着方法!うまく付ける3つのコツ

まずは、もう一度「乳頭保護器」の役割をおさらいしておきましょう。

乳頭保護器とは?

・乳頭に傷ができてしまって痛くて授乳するのがつらい
・陥没・扁平乳頭などで赤ちゃんが乳首にうまく吸いつけない

などといった直接ママの乳首から授乳するのが難しい場合に、授乳を助ける目的で使用します。

痛みがあるママの乳首を保護したり、赤ちゃんがうまくおっぱいをくわえられるようにサポートします。

使い方は簡単で、たったの5ステップで装着して授乳できます。

出典:Amazon

Amazonの商品ページに装着方法が掲載されていたので、画像をお借りしました。

以上の手順で装着していきます。

上手に装着しないと授乳の途中で外れてしまったり、漏れることがあります。

失敗しないで装着するには、次の3点に注意しましょう。

メデラの乳頭保護器の付け方!失敗しない3つのコツ
  1. ママの肌に密着する面を少し濡らすこと
  2. 両手で持ってひっくり返して装着すること
  3. 波型にカットされている部分に赤ちゃんの鼻が当たるようにすること

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

1.ママの肌に密着する面を少し濡らすこと

まずは、ママの肌に密着する面を少し濡らしておくことでくっつきやすくなります。

母乳を手で絞って、保護器の先端に少し溜めておくのがおすすめです!

こうすることで、ママのおっぱいの匂いを感じて乳頭混乱の赤ちゃんも吸い付きやすくなります。

2.両手で持ってひっくり返して装着すること

乳頭保護器を一度ひっくり返して、乳首に合わせて元の状態に戻していくとフィットしやすくなります。

装着すると、乳首と乳頭保護器の間に隙間ができます。

気にしないでそのまま授乳して大丈夫です。

赤ちゃんに吸われることで乳首が柔らかくなり、だんだん伸びていって隙間が埋まるくらいになります。

3.波型にカットされている部分に赤ちゃんの鼻が当たるようにすること

呼吸しやすくするためと、ママの匂いを感じて安心して授乳できるように、赤ちゃんの鼻に当たる部分が波型にカットさせています。

横抱きや縦抱き、フットボール抱きなど、授乳スタイルに合わせて波型の部分も赤ちゃんの鼻の向きに合わせて授乳してください。

メデラ乳頭保護器ニップルシールドの洗い方とお手入れ方法

メデラ乳頭保護器は授乳の度に、毎回除菌・消毒をしましょう。

消毒の仕方は、次の通りです。

  • 煮沸消毒・・・鍋などに水を入れて沸騰後5分間煮沸消毒する
  • 薬液消毒・・・ミルトンなどの薬液につけ置きして消毒する
  • レンジ消毒・・・耐熱容器に60mlの水を注ぎ500w〜700wで5分温めて消毒する

ただし、商品ページには注意書きもありました。

■洗浄方法:食器用洗剤、食洗機可能

■消毒方法:煮沸、電子レンジ、薬液使用可(但し、薬液は推奨していません。)

メデラ乳頭保護器商品ページ

自分に合った消毒方法で、赤ちゃんのためにもしっかりと洗ってあげてくださいね。

薬液使用は推奨されていないようですが、哺乳瓶と一緒に洗浄できるので、洗い物が多くなる混合育児のママは検討してみてもいいかもしれません。

短い時間で簡単に洗浄したいなら、水を入れて電子レンジで1分温めるだけで消毒できる「おしゃぶり消毒器」がおすすめ!

特別な薬液は必要なく、蒸気の力で消毒してくれるから安心して使えます。

小さくて持ち運びしやすいから外出先でも使えてとっても便利!!

\ 乳頭保護器の消毒にピッタリ! /

しっかりと洗浄・消毒したら、清潔な保管用ケース(付属している場合)に入れて保管しましょう。

残った水分はすべて乾燥させることが重要です。

密閉した容器やバッグに保管しないようにしましょう。

メデラ乳頭保護器サイズの選び方

メデラ乳頭保護器のサイズは、全部で3種類あります。

商品サイズは以下の通りになります。

ママの乳首のサイズや赤ちゃんの体重に合わせて選びましょう。

サイズ乳頭内径商品サイズ
Sサイズ16mm 高さ3.6、幅21、奥行き9.6
Mサイズ20mm高さ3.6、幅21、奥行き9.6
Lサイズ24mm高さ3.6、幅21、奥行き9.6

乳頭保護器はいつまで?買い替えや卒業のタイミング

乳頭保護器を使っていると、買い替えや卒業のタイミングに迷ってしまうことがあります。

買い替えと卒業のタイミングは、まさに人それぞれですが、目安は以下の通りです。

・白くなったり、変色してくる
・赤ちゃんが直母で母乳を飲めるようになる

乳頭保護器で授乳していると、赤ちゃんに吸われて乳首が伸びて柔らかくなります。

直母ができるなら、直母で授乳した方が母乳の出が良くなります。

乳頭保護器はあくまでも、授乳ができない場合のお助けアイテムとして使用することをおすすめします。

乳頭保護器を使用しながら、直母の練習も並行して乳首が伸びたり、赤ちゃんの体重が増えて吸う力が強くなったら、早めに乳頭保護器を卒業しましょう。

【まとめ】乳頭保護器を使って無理なく授乳時間を楽しもう!

メデラ乳頭保護器ニップルシールドの使い方を紹介してきました。

私は長男の時に乳頭保護器を使って、まったく吸えなかった状態から直母に成功しました!

乳首の傷を早く治したいママには乳頭保護クリームもおすすめです!

今しかないお子様との時間が素晴らしいものになりますように。

スポンサーリンク
おすすめの記事