粉ミルクほほえみで下痢!ウンチが柔らかくなる原因はミルクの糖度にあった!?

赤ちゃんの便秘や下痢に悩んでいるママは意外と多いものです。

実は、赤ちゃんの便秘や下痢の原因は粉ミルクの種類と関係しています。

もちろん、赤ちゃんの体質によっても便秘になりやすい粉ミルクや、下痢になりやすい粉ミルクは違ってきます。

この記事では、粉ミルクでウンチが柔らかくなる原因と、ミルクの糖度との関係についてまとめています。

スポンサーリンク

粉ミルクほほえみで下痢をしている赤ちゃんのウンチが柔らかくなる原因と対処法

赤ちゃんの腸内は浸透圧の高い物や低い物が入ってくると、体の浸透圧と平均化しようとする活動が始まります。

そのため、浸透圧の高い粉ミルクの場合は浸透圧を低くするために体から水分が腸内へ移動し便がゆるくなって下痢を起こしやすくなります。

反対に、浸透圧の低い粉ミルクの場合は低い浸透圧を高くしようとして体は便から水分を吸収し便がかたくなって便秘をおこしやすくなります。

粉ミルクの濃度が高くなると浸透圧も高くなるため下痢をおこしやすくなり、粉ミルクの濃度が低くなると浸透圧が低くなって便秘になりやすくなります。

まずは、赤ちゃんの粉ミルクを基準調乳濃度で作れているかどうかをしっかりと確認し、そこから赤ちゃんの便に合わせて浸透圧を調節してあげましょう。

粉ミルクの糖度が高いと赤ちゃんの便は柔らかくなる

糖度が高い粉ミルクは浸透圧が高いため、便を柔らかくする効果があります。

古くから赤ちゃんの便秘直しに砂糖が使われてきましたが、砂糖は腎臓に負担をかけやすいため、まだまだ消化器官が未発達な赤ちゃんには注意が必要です。

しかし、「糖」を利用することで粉ミルクによる便秘を改善することができます。

その際、砂糖に変わって使われることが多いのが「オリゴ糖」です。

粉ミルク「ほほえみ」「はいはい」は下痢になりやすい

粉ミルク「ほほえみ」「はいはい」は、粉ミルクの中でも糖度が高く下痢になりやすいと言われています。

便秘になったとの意見もありますが、多くの赤ちゃんが下痢気味になったという口コミがありました。

また、便秘気味の赤ちゃんが「ほほえみ」に変えたら便秘が改善したという意見もありました。

粉ミルクほほえみは甘い!国産ミルクNO.1の糖度の高さ

下記に、国産の粉ミルクの糖度をまとめています。

「ほほえみ」と「はいはい」の大缶タイプは、14度と国産ミルクの中では糖度が一番高いのが特徴です。

「ほほえみらくらくキューブ」は糖度11度と、大缶タイプよりは低くなります。

下記にミルクのコストと糖度をまとめています。

【国産ミルクの糖度まとめ】

粉ミルクサイズ展開1gあたりのコスト糖度
明治ほほえみ大缶約3.2円14度
明治ほほえみ らくらくキューブ特大箱・大箱・小箱約5.7円11度
雪印メグミルクぴゅあ大缶・スティックタイプ
2
10度
雪印ビーンスタークすこやか M1大缶・小缶・スティックタイプ・エコらくパック約3.1円10度
森永乳業E赤ちゃん大缶・小缶・スティックタイプ・エコらくパック約3.8円9度
アサヒグループ食品レーベンスミルク はいはい大缶・小缶・スティックタイプ約3.4円14度
森永乳業はぐくみ大缶・小缶・スティックタイプ・エコらくパック約3.1円11度
江崎グリコアイクレオバランスミルク大缶・小缶・スティックタイプ約3.8円10度

【比較】母乳の甘さと粉ミルクの甘さ

母乳の「糖度」は、ママの食事によって日々変化しています。

理想的な母乳の糖度は「8度から10度」です。

これ以上甘すぎると、母乳を嫌がってしまう赤ちゃんもいます。

赤ちゃんは、「甘み」以外の「渋味」「塩味」「苦味」「酸味」「辛味」などの味覚は、身体によくないものと認識する防衛本能があります。

粉ミルクの場合、糖度の平均は「10度から12度」です。

粉ミルクは母乳に比べて甘いのが分かります。

また、ママの母乳の味はママが食べるものによって甘かったり、苦かったり、しょっぱかったりと、いろいろな味に変化します。

母乳の味が変わることによって、赤ちゃんの味覚が発達していきます。

甘いものの摂りすぎや脂肪の多い食事は、母乳に「苦み」の原因になります。

粉ミルクの場合は母乳と違って味に変化がありませんが、心配しなくても大丈夫です!

いずれ赤ちゃんは離乳食で母乳やミルク以外のいろんな味を覚えていくことになります。

【まとめ】赤ちゃんの体調に合わせて甘すぎない粉ミルクを選ぼう!

粉ミルクでウンチが柔らかくなる原因と、ミルクの糖度との関係についてまとめてきました。

赤ちゃんは少しの変化にも敏感に反応しますので、毎日のウンチをチェックして体調に合わせてミルクを選びましょう。

今しかないお子様との時間が素晴らしいものになりますように。

スポンサーリンク
おすすめの記事