ゆんゆ
オーガニックの粉ミルクHipp (ヒップ)って国産の粉ミルクより赤ちゃんにいいのかな?

この記事では、オーガニック粉ミルク「Hipp(ヒップ)」の種類や作り方、利用者の口コミや評判についてまとめています。

Hipp(ヒップ)は、ドイツ産のオーガニック粉ミルクです。

Hipp(ヒップ)粉ミルクの特徴
  • アレルギーに敏感な赤ちゃんに向けた低アレルギーの粉ミルクがある
  • 1歳〜3歳までの小さな子供用の粉ミルクもあり、種類が豊富

スポンサーリンク

Hippオーガニック粉ミルクは種類がいっぱい!

Hipp(ヒップ)は、初乳用のプレから低アレルギーのミルクや子供用のミルクなど、オーガニック粉ミルクの中でも種類が豊富にあるのが特徴です。

初めてだと一見どれを買っていいのか分からなく迷ってしまうので、下記にHippの粉ミルクの種類をまとめてみましたので参考してください。

ビオ

コンビオティック HA 低アレルギー

ビオ コンビオティック

コンビオティック 子供用 粉ミルク
特徴 ドイツ国内におけるバイオ農産物法が定めたオーガニック基準をクリアした安心安全な粉ミルク アレルギー敏感な赤ちゃんにも飲ませる事の出来る粉ミルク 母乳にも含まれている、脳、神経、視覚の発達を促進する栄養素が含まれている 母乳にも含まれている、脳、神経、視覚の発達を促進する栄養素が含まれている 1歳〜3歳までの小さな子供が必要とする重要な成長要素を配合、天然の乳酸培養物も含まれている
対象年齢 PRE : 0カ月~6カ月

STEP1 : 0カ月~

STEP2 : 6カ月~

STEP3 : 10カ月~
PRE : 0カ月~6カ月

STEP1 : 0カ月~

STEP2 : 6カ月~
PRE : 0カ月~6カ月

STEP1 : 0カ月~

STEP2 : 6カ月~
STEP3 : 10カ月~ STEP1 : 12カ月~

STEP2 : 24カ月~
内容量 600g 600g 600g 600g 600g

Hipp(ヒップ)の粉ミルクには、種類が豊富にあります。

アレルギーに敏感な赤ちゃんのための低アレルギーのミルクもありますので、他の粉ミルクでミルクアレルギーを起こしてしまった赤ちゃんにも飲ませてあげることができます。

Hippオーガニック粉ミルクの口コミと評判をまとめてみました

口コミはあまり多くはありませんが、オーガニックに敏感なママには人気があるようでした。

海外の粉ミルクでしかもオーガニックということで、値段が高いという意見は多かったです。

調乳する水は水道水が基本!ミネラルウォーターには注意が必要

赤ちゃんのミルクを作る水にも注意が必要です。

ミネラルが多いものは厳禁、一番手軽で安心して使えるのは水道水です。

ミネラルウォーターでミルクを作ると、その水の成分によってはミネラルの過剰摂取に繋がりかねません。

粉ミルクを作る際には、水道水を必ず沸騰させて殺菌して使用することが大前提です。

ただし、水道水も残留塩素や溶解性鉛、赤さびや雑菌などを含んでいます。

水道水に抵抗がある場合は、ミネラルが少ない軟水のナチュラルウォーターを選びましょう。

最近は、ミルク作りにウォーターサーバーを利用するご家庭も増えています。

とっても便利なウォーターサーバーですが、赤ちゃんのミルク作りを目的として購入する際には赤ちゃんが飲んでも大丈夫なのかしっかりと確認する必要があります。

>>赤ちゃんに安心の、安全でおいしいお水はこちら!

【まとめ】最大3歳まで飲める!種類が豊富で離乳食にも使える粉ミルク

Hipp(ヒップ)オーガニック粉ミルクの種類と利用者の口コミや評判をまとめてきました。

Hipp(ヒップ)オーガニック粉ミルクの特徴は以下の通りです。

  • アレルギーに敏感な赤ちゃんに向けた低アレルギーの粉ミルクがある
  • 1歳〜3歳までの小さな子供用の粉ミルクもあり、種類が豊富

最大3歳まで安心して飲める粉ミルクなので、アレルギーや粉ミルクの添加物が気になる方はぜひ試してみてくださいね。

今しかない赤ちゃんとの時間が素晴らしいものになりますように。

スポンサーリンク
おすすめの記事