Life Basisボトルウォーマーの使い方!ミルク作りを時短したいママ必見の便利な機能を紹介します
ゆんゆ
夜中のミルク作りが大変で悩んでいるママに朗報!
明日からのミルク作りが楽になっちゃう画期的なアイテムを見つけたよ!

ミルク作りって大変ですよね?

特に、夜中のミルク作りは毎日起き上がってキッチンに行くのはめんどくさいし、赤ちゃんに大泣きされたら焦ってしまうし、旦那も不機嫌になって喧嘩も増えてしまう・・・と悩んでいるママは多いです。

そんな「ミルク作りをとにかく楽したい!」と考えているママはぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

この記事では、ミルク作りを時短できる「Life Basisボトルウォーマー」の便利な使い方を紹介します。

スポンサーリンク

Life Basisボトルウォーマーの便利な機能をフル活用するおすすめの使い方

Life Basisボトルウォーマーは、1台で4役を担う多機能ボトルウォーマーです。

温乳器、調乳ポット、消毒器、離乳食加熱器具と、1台で4役もこなすとっても便利な多機能ボトルウォーマーで、赤ちゃんとミルク作りを時短しママもストレスなく育児できます。

便利な機能① 24時間保温機能で夜中のミルク作りもスムーズに!

Life Basisボトルウォーマーは、ミルク作りに必要なお湯を哺乳瓶ごと約40〜70度の適温で保温できます。

設定温度まで加熱された後、24時間保温してから自動で電源オフになります。

ミルク作りが大変な夜でもいちいち起き上がってキッチンへ行くことなく、枕元で手間をかけずにすぐに調乳できます。

便利な機能② 離乳食を温めて保温してくれるので赤ちゃんを待たせない

電源を入れてから「Menuボタン」を押し、「Heat Food機能」を選択してスチームカゴと離乳食をセットすることで温度を65℃〜75℃で設定できます。

できあがったら、そのまま45分保温して自動電源オフにします。

手作りの離乳食はもちろん、市販のベビーフードもごく短時間で温めることができます。

便利な機能③ 哺乳器具を滅菌できるから衛生的で赤ちゃんにも安心

電源を入れてから、「Sterilization機能」を選択します。

スチームカゴと哺乳器具をセットして、時間を5〜30分間設定し滅菌が完成したら自動で電源オフになります。

哺乳瓶はもちろん、おしゃぶりや乳頭保護器などの育児グッズも滅菌できるのも嬉しいです。

ガラス、シリコーン、PPSUボトルなど、ほとんどのミルクボトルに対応しています。

便利な機能④冷凍食品を解凍

電源を入れてから、「Defrost機能」を選択します。

スチームカゴと冷凍食品をセットして、温度を40℃付近で設定できます。

解凍完成したらそのまま24時間保温して自動的に電源オフにします。

冷凍食品が解凍できる機能は、離乳食時に

Life Basisボトルウォーマーの良い口コミや評判

Life Basisボトルウォーマーの悪い口コミや評判

【まとめ】Life Basisボトルウォーマーで夜の授乳がラクになる!

画像
値段7,280円(税込)
商品サイズ高さ27.5cm×幅20cm×奥行13cm
重量880g
機能急速加熱・保温
離乳食加熱・保温
哺乳瓶除菌
冷凍ミルクの解凍
デザイン
スポンサーリンク
おすすめの記事